白髪染め人気おすすめランキング!

繰り返す白髪染めは危険?トリートメントタイプの白髪染めなら髪も頭皮も痛まない!

 

美容院でのカラーは目がしみて頭皮がかゆくなる方いますよね?リタッチにたびたび行かなければならないし、料金はかなり高いです。

 

市販の白髪染めを使うと、髪の毛がパサパサしてツヤがなくなります。年齢とともに髪は弱っているのでダメージが大きいです。

 

髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメントがいいらしい!

当サイトは白髪染めが必要なアラフォー管理人が運営しています。実際に白髪がめだつと老けて見えますし、白髪がないと5歳若く見えるかも?!

 

市販の白髪染めを使ってかぶれたことはないですが、調べてみると成分の毒性、危険性が怖いですし、刺激のない白髪染めが充実してきたのでカラーシャンプーやカラートリートメントを試しています。

 

白髪染めは、安全性の高いもの、コスパのよいもの、染まりが良いものを選んでいます。あなたの白髪染め選びの参考になれば幸いです。

 

おすすめ白髪染め

アレルギーが起きないノンジアミンの白髪染めといえば、トリートメントタイプが一般的です。特に人気は利尻ヘアカラートリートメントやレフィーネが売れているようで私も使っています。カラートリートメントは染まりづらいと言われていますが、繰り返し使うことで徐々に染まり、白髪が目立たなくなるのが気に入っています。

 

市販の白髪染めの危険性

白髪染め、カラー剤はとても髪や頭皮を傷めます。傷んだ髪は補修をすればキレイにみせることはできますが、最も怖いのはアレルギーが出てしまうことです。

 

日本ヘアカラー工業会によるとヘアカラーでかぶれたことのある人は、症状が治まっても再利用することで重篤なアナフィラキシー症状を起こす危険があるので、かぶれたら、二度と酸化染料剤を使用しているヘアカラーを使わないでパッチテストもしないでくださいと記載されています。

 

いったんアレルギーになってしまうともう治せないんですね。ですから、今までヘアダイ、ヘアカラーをして、かゆみやかぶれなどが出た人は要注意です。使用中に頭皮のかゆみや目がしみるなどの症状がある人も今後は刺激の強い毛染めを使うことをやめたほうがいいかもしれません。

 

長期的に使えば使うほど、アレルギー反応が出る可能性が高まるそうですし、妊娠中に髪を染めてはいけないのは経皮毒が心配されるからであるから。

 

ですから、より安全なヘアマニキュアやカラートリートメント、カラーシャンプーンプーを使用したほうが安心です。

 

白髪染めの染まりを長持ちさせるためにシャンプーを変える

洗浄力が強い一般的なシャンプーは白髪染めが早く落ちてしまいます。洗浄力が強くない、アミノ酸系、ベタイン系、タウリン系が良いといわれています。アミノ酸シャンプーと商品名にあってもアミノ酸系洗浄剤より硫酸系洗浄剤を多く配合してある場合もあります。特に女性向けアミノ酸シャンプーの口コミが参考になるアミノ酸シャンプーおすすめランキングを参考にすると良いでしょう。

 

白髪染めはもちろんシャンプーも頭皮と髪に負担をかけないものを選ぶことが重要です。

 

参考:花王 ヘアケアサイト

 

更年期になると髪は細くなり白髪が増え、うねりが気になるようになる

女性ホルモンが低下する更年期には肌の老化だけでなく髪も変わってきます。女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ることで、肌が乾燥しやすくなりますし、髪のツヤやハリもなくなってきます。特に気になるのが白髪ですね。女性は更年期を迎えると体調面だけでなく精神面でも不調を感じることが多くなります。

 

これまでとは体質が変わり刺激に弱くなる方もいるようです。特に50歳前後はお肌に優しい成分のものを使うほうがいいかもしれません。

 

参考:女性の更年期:https://heikeidiet.mituc.net/